未分類

仕事への想い…①

看護師さんになる

夢を抱いた20数年前image

21歳で夢叶い、大病院でのお仕事が始まりました。

実習では1対1の患者さんと看護師の関わりだった関わりは、

仕事となると7対1、夜勤になると25対1の関わりになり、

右往左往しながら、先輩方のご指導を受け、自分なりにがむしゃらに覚えようと必死に頑張りました。

時間に追われるように、次々と業務が続き、時間管理が看護師の要とも言えるくらいに、分単位の管理が必要でした。(思えば今の時間管理ができるのは、この仕事で培ったような…😌)

患者さんとの関わりだけでなく、医師との関わりもあり、一気に大人の世界に仲間入りしたような感覚を今でも覚えています。

お仕事にも慣れてきた頃から、自分が大切にしたい看護観が明確になってきました。

私の場合、患者さんとのたわいもない会話のひとときがほんとに好きで、

特に高齢者が多い病棟では、

自分が今まで知らなかったような一般常識的な知識や、雑学を聴かせていただくこと、

世間話をすること、

病気になっての想い

これまでの人生のお話など、

様々なお話を聴かせてもらいました。

その会話の中で、自分がいつも大切に想っていたこと…

それは、

〈病気になり入院された方の病院での生

活はその方のほんの一部分であり、

その方の本来の居場所は家庭であり社会

である。〉

そう考え、

患者さんのこれまでの歩んでこられた道のりを尊敬して、

全人的に関わらせていただくということ

を何よりも大切にお仕事してきました。

✨月日は流れ、

看護の質を更に求められるとは裏腹に、

増え続ける業務…

電子カルテ移行により、患者さんと向き合うよりもパソコンに向かう時間が必要になってしまった入力必須の業務、

熱いお湯をバケツに汲んで、ひしゃくでこまめにお湯を変えながら、時間を掛けて行っていた温タオルで患者さんへの清拭が、おしぼりを渡すだけの清拭に変わったこと、

などなど…

今まで大切にしたいと想ってきた患者さんと向き合う時間、

なんでもないお話をすることに割く時間、

それらがどんどん出来なくなって、

どんどんお仕事へのモチベーションが保てなくなってきていた。

😆気がつくと、鏡に映る自分の顔に笑顔がありませんでした…

ものすごくショックでした…(._.)

自分や自分の周囲の環境に対する概念が否定的であったことや、

自分の傲慢さの気づきがまだなかったが故に、

ただただ、ストレスを感じ、

無力さを感じ、

出来ないことにしか目が向かず、

そのストレスを対処出来なかったあの頃…

就学前の子ども2人の育児との兼ね合いもあり、退職を決意し、新たな環境での看護師生活を始めることにしました。

続く…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中