未分類

仕事への想い…③

image

訪問看護ステーションでの看護師を3年

そこでは、病院勤務をしていた頃とは確実に看護の仕事に対するモチベーションの変化がありました

どこか主体は医師や看護師になりがちだったこと(指導的な立場となる時など)

◯◯出来る時間が無いからモチベーションが下がる⬇️とか

もっと△△だったらこんなケアが出来るのに患者さんに何もできない⬇️とか

無いものに目が行き、環境や人に対してネガティブな反応をすることが多かった…

 

訪問看護を始めて、

主体は本人であり、これまで在宅で介護されてきた、そしていちばん近くにいる家族である😌

そのためには、より良い方法を指導していく事を伝えることよりも、これまでの家族の方法を尊重し、協働者として寄り添うこと😌

今あるものや環境をいかに使うか、という未来志向で前向きな考えができたこと😌

 

など、

学びも多く、自分自身の考え方に違和感なく入り込み、

達成感ややりがいは一際大きなものだった✨

 

 

勤務していたステーションの所長が訪問看護未経験の私に教えて言ってくださった言葉…

「訪問看護師は、家族や家庭のモビールを揺らさないことが、いちばん大切なこと」

この言葉は、私にとって、看護師としてだけでなく、人と関わる仕事をしていくために、大切にしておくべき心構えだなぁ✨

と、いただいた言葉に感謝している✨

続く…

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中