未分類

共同体感覚について思うこと

従順や反発を生む関係性からは

勇気のたねをみつけることは

なかなかむずかしいのかなぁ…

とよく感じるこの頃

従順や反発を生むではない、人と人とのつながり感を生む関わり方、

これこそ〈横の関係性〉

信頼して尊敬する

共同体感覚

(学校であれば学級、職場、家庭、その

他自分が所属している共同体で、

つながりを大切にして、

自分がそこに安心感を持って居られることや、

そこに何らかの貢献をしようと思える感覚)

  

どちらか一方がこれを知っているだけでも、

大きな有効性がある

自分だけがわかっていても、

相手には伝わらないと思ってしまい

諦めてしまっては

進まない

諦めず

根気強く

自分から多く信頼して尊敬する…

共同体感覚をもつ…

きっと、

相手にも伝わって、

相手が自ら気付き、

相手との関係性、

つながり感が強くなる

そのことが、

また自分にも勇気づくきっかけになり、
勇気づけの連鎖が広がり、
勇気の花が咲く

どんな共同体でも、

今必要なのはこんな関係性だとおもう…

  
人間関係の希薄化から発生する弊害は多々…
自分が必要とされていないと感じる無力感…

この感じは

だれもがいつ出てきてもおかしくないし他人ごとではない

一人一人が

自分が在ることの価値を見出し

自分が自分のままで居てじゅうぶんなんだと感じて

自分が貢献出来ることは

どんな小さなことでも

限りなくあると感じられる✨

そういう風に
自分や周りに対する捉え方や見かたを変えられたら

どんどん勇気づく関係性も増えていくとおもっている✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中