未分類

痛みは脳で作られる

看護師として長年お仕事をしてきた私はたくさんの患者様の看護に携わらせていただきました

これまで出会った患者様は数え切れません

癌や骨折、心臓疾患、脳疾患、消化器疾患、免疫疾患、など様々な疾患を抱える患者様と病院や在宅で接する機会がありました

病気と診断されて治療されている患者様とも多く接してきましたが、

それ以外にも、心が脳で作る痛みと闘う患者様にも多く接してきました

心が脳で作る痛み…

頭痛やめまい、腹痛などを訴えて外来に訪れる方々

看護師による問診を行い、

医師の診察、検査へと進みます

医師の診察、検査の結果、特に病気は見つからず、「問題ありません」と言われて終わります。

医師によっては「心理的なものですね」と言い放ち、診察終了になる方もいます。

こんな医師と患者様のやり取りに関わる時に、いつも感じていたことがありました

問題ないと言われたところで、この方達の痛みは消えない(≧∇≦)

診察を終えた方達の表情は、大半が鬱々としたもので終わる(≧∇≦)

病院では痛みに対する対症療法は薬を使えば出来るけれど、根本的な痛みは続く(≧∇≦)

根本的な痛みに気づくことなく時が過ぎ、繰り返し、また病院を訪れる(≧∇≦)

何かそれぞれの目的があって痛みが手段として作られているが、その根本的な痛みを解決する手段が分からないから繰り返す(≧∇≦)




(≧∇≦)なんとかこのような痛みを繰り返してしまう方達に、

自分自身で解決する手段を得る機会に出会って欲しい

自分自身で解決する手段を伝えたい


そんな想いで、

いつも診察終了後はこのような患者様と、出来るだけ長く時間を取ってお話ししたりしていました。
疾病利得という言葉を知ったのはここ数年…

【本人は意識していないが、患者が疾患によって得る心理的・社会的・経済的利益。】                          大辞林より

私は

何らかの目的があって痛みという手段を使って表現すること=何かから自分を守ってくれるもの

だと思っています。
私自身もこれまで幾度か痛みという手段を使って、自分を守ってきたことがありました

.
小学生の頃、算数の苦手な単元があり、お腹が痛くて保健室に助けを求めに行ったこと…
仕事や、仕事と育児の両立のストレスをうまくコントロール出来ず、円形脱毛や、突発性難聴、メニエルを患ったこと
本当に本人にしか分からない辛さ、苦しみがあり、

その辛さ、苦しみから自分を守るために手段として使う痛みは

経験した人にしか分からない苦しみがあると思っています。
そこには、失敗が許されなかった過去の事情があったり

失敗して苦しかった時に、気持ちを大丈夫にしてもらえなかった

という経験から来るイメージがあります。

  
幸い私の場合は、

保健室でそのままの想いを受け止めてもらえる環境をいただけたことや、

もともと楽観的な部分もあったこと、

自分でどうなったらいいのか…自分がどうなったら嬉しいのか…をイメージし直すことが出来たこと、

そして何よりアドラー心理学とも出会えたこと、

などにより、

より良く生きるサイクルを歩むことが出来ています。
大切なのは

  • そのイメージのもとになった自分を取り巻く過去の事情に気づくこと
  • 自分で《気持ちが大丈夫になる手段や方法》を新たにイメージすること
  • 必要であれば、周りの誰かが、本当の本質の目的を気づけるような言葉かけや、関わりをすること
  • 必要であれば、周りの誰かが、その本質の目的を達成するための、別の手段を提示してあげること

などによって、

たくさんの方々の心の困り感に寄り添いいながら

自分自身で困り感を解決する手段を得て、より良く生きることが出来るのではないかなぁと思います。
【困り感や困難、課題を自分自身で乗り越える力】で、

自分に自信を持ち

無限の可能性を引き出していける

アドラー心理学の考え方は、医療現場や教育現場においても、とても役立つだろうと

折に触れて感じています(*^^*)

そして、

私はたくさんの方々、子どもたちへの【生きる力】を引き出すこと【折れない心】を育むことを

様々な手段で達成するために、日々お仕事を通して携わっているんだなぁと感じています(*^^*)

長文お読みいただきありがとうございました。
現在募集中の勉強会はこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中