未分類

声を出し合い共有して共に育っていく

先日

ある保護者の方とお話ししました

クラスにとても勢力の強いお子さんが居て

他の子どもたちが

怖くて避けてしまっているとのこと

話をしたお母さんの子どもさんは

被害を受けないための術を持っているから

うまく付き合い

被害を受けたことはないそうです

被害を受けたとおっしゃるお子さんの保護者から

いろいろ話を聞いておられるようで

病院に行かなければならないほどの

怪我になっているケースが多発しているとのことでした

当事者である勢力の強いお子さんのお家の方は

「この子はやってないっていうのなら

やってないんです。

だから謝りません」
と、学校にも被害を受けた子どもさんの保護者にもおっしゃるようでした

担任の先生に対する想いも、お話したお母さんから聴くと

先生はその子について回って

クラスが授業2時間流れたことも多々ある
その子が与えた危害を、

クラス全員がその子の代わりに謝らされたこともある
係活動など予定した日に立候補して決めてしまったことがあって、当日休んだその子が翌日に「それをやりたい」と言うと、公平に決めるんじゃなく

その子が「俺がやった方がいいと思うよなぁ」とクラスのある子に問い、

問われた子も後で被害を受けたくないから

「う…ん そうかなぁ」

と答えると

決まっていたことが覆されることが多々あるとのことで
先生の対応の理不尽さに困惑されているということでした

この話をきいて私自身は担任の先生が
その勢力の強いお子さんとそのお母さんの信頼を得ようと

まずは対応されているのかもしれないなぁと

感じました
それはそれで大切なことだと思います
その子自身に何らかの困り感があるから

手段が不適切な行動で

困り感を何とかしようとしているのかもしれないと思いました
だけど

そのときに

その子以外のクラスの子どもさんたちの

気持ちや想いを

ないがしろにしてしまっていて

実際

それが理由で不登校になっている

お子さんもおられる現実がある
こんな時、

学校側の先生方も

何とかしなければと必死で考えておられるだろうし
保護者としては、学校の先生に何とかして欲しいと考えると思います
だけど、

学校側だけで解決できるようなものではないなぁと私は感じました

その子のお母さんのサポート

その子自身のサポート

担任の先生のサポート

クラスの子どもさんたちのサポート

クラスの子どもさんたちの保護者のサポート

学校側の体制のサポート…
たくさんのサポートが必要なんだと感じました

このようなことは

わからないところで

色んな場所で色んなケースで日々起こっているんだろうと思います

関連するそれぞれの立場から
お互いが想いを発することができ
お互いに共有しあい
解決するための行動を起こすことが

必要になるとも思います
ただ、

現時点では建設的なコミュニケーションが

充分かといえば

充分ではないし

それぞれがそれぞれの立場に精一杯になると思います

自分たちが何とかしようとすればいい

自分たちさえ何とかしようとすればいい

自分たちだけで何とかしようとすればいい

自分たちだけで何とか出来るだろう

自分たちだけで何とかしたい
それぞれがバラバラに

今の問題を解決したい

子どもたちの困っていることを解決する方法を探したい

と考えているだけでは
進みにくいとも感じました

こんなことが困っている

こういうことを協力して欲しい
などと
それぞれが声をあげてみると

どこかでサポートできるように繋がるようにも感じました

こんな時、いいなと思ったことは

↓    ↓    ↓

それぞれをサポートできるような

子どもたちありきの

第3の機関があたりまえに存在して
それぞれが建設的に対応しようと思い始められるような関わりを提供できること

そんな機関を

誰もが周知できて、利用しやすい社会となっていくこと

↑    ↑    ↑
先日お話を聞いてから

ものすごく頭をグルグル

考えたりしていました

まずは、
自分自身も、出来ることを出来る時に出来る手段で、視野を広く、共に育っていけるように在りたいです✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中