未分類

意識して伝える

人は誰でも事実として95%の

良いところがあるけれど、
注目されているのは

わずか5%
あまりにも当たり前だと思われて、

見落とされがちな小さな貢献や努力
だけど
事実として5%の攻撃性や無力感などが
95%注目されてしまうということ

人は意識した部分にしかスポットライトが当たらずに、過ごしているという事実があります(*^_^*)

意識して見つめた言動、つまり注目した言動が

結果として増えるという事実です
子どもたちの

出来ない姿

やる気のない姿

言葉や態度の悪さ

に注目することで

その注目した言動が増えてしまいます(≧∇≦)

その上に

その言動に対して言葉にして伝えることで

「自分には出来ないんだ…(。-_-。)」

「自分はやる気のないダメな子なんだ…(。-_-。)」

と、子ども自身にインプットされ、インプットされた通りの子どもに育って行きます
人の良い部分、頑張っている部分

当たり前と思われる

小さな貢献、役に立ちたいという想いからの行動

結果ではなくて、そこに至るまでの個々の努力や頑張りに

意識的に注目することが大切だということが分かります(*^^*)

「○○をしてくれたんだね、助かるよ(*^^*)」

「○○しようと思ったんだね、ありがとう(*^^*)」

「頑張ってるね(*^^*)」

「あの時○○していたね、見ていて嬉しく感じたよ(*^^*)」

そんな言動に注目して

注目し続けて、

なおかつ

言葉や態度で伝えていくことが

子どもたちの

『ちゃんと見てくれているんだ…(*^_^*)』

『もっともっと役に立ちたいな…(*^_^*)』

『僕は(私は)大切にされている…(*^_^*)』

という、

やる気と自信が引き出されていきます✨

すごいことだなぁと

つくづく思います✨
じゃあ私たち大人が、学校で、家庭で、地域で出来ることってなんだろう

  
それは、まずはそんな風に言葉や態度で伝え続けていけるだけの、大人自身が自信を持つことで、

そのためには、私たち自身がしっかりと心にゆとりとエネルギーを蓄えていることや、自分自身のメンテナンスが大切なんだと思います✨

本当に、

学校の先生も、私たち親も、

毎日頑張っています(*^^*)
子どもたちに関わりを持つ

学校と保護者と、地域やその他の関連している第3の大人同士が

お互いに

それぞれの

良いところ、頑張っているところを

意識して

探して

言葉にして伝えていくことが
子どもたちにも

良い影響の輪が

広がって行くと

思っています(*^^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中