未分類

原因を探すよりメッセージとして捉える

目の前に何か問題や課題が降りかかってきた時は

どうしても、なんでそうなってしまったのか…という原因を探すことが多いと思います
私自身も、自分のこと、家族のこと、周囲の環境のこと、他者との関わりでのことにおいて、時として

「なんでこんなことになってしまうの?」

「自分が○○しなかったからだ」

「○○さんが△△してくれなかったからだ」

「環境的に無理だ、できるわけがない」

「あの人がああ言うからだ」

などと、自分のダメな部分や、他者責任、環境のせいにする部分を見つけようとしてしまっていることがよくありました。

そうすることで、

今目の前に起きている問題や課題を解決できない理由を探していたということです。
実はこの原因探しは

変えられない過去に執着することになります

過去にさかのぼり、原因をさがすことになります
自分が解決出来なかった時の言い訳が出来るように、あらかじめ自分に保険をかけて、解決出来ないことを正当化しようとしていたんだ

というカラクリがありました(≧∇≦)

『問題や課題は、何故こんなややこしい思考が働いてしまうのか…

それは

判断の軸が『正しいか正しくないか』であったり

『出来るか出来ないか』であったり

『良いか悪いか』であったり

『ちゃんとしなきゃいけないという想いが強い』であったり

するからなんですね。
その軸の根底(心の奥)にあるのが

『正しい自分は○だけど正しくない自分は×』

『出来る自分は○だけど出来ない自分は×』

『良い自分は○だけど悪い自分は×』

といった、

何か根拠がなければ自分は認められない…と思っているという場合があります

何か根拠がなければ認められない

特別なことがなければ認められない

と思っている自分がいる…

そして、

そう思わざるを得ない出来事や刷り込まれた記憶があったということです

(これを認めるのは結構キツイかもしれません(≧∇≦))

これまでたくさん頑張ってきた自分がいるから。

その時その時の自分の精一杯で歩いてきたから。

親、学校の先生、周りの大人な人との関わり合いから受けた影響を、自分で歪めて捉えてしまい、その捉え方のまま成長してしまうから

ということが1つあると思います。

人は真っ白なキャンパスを持って生まれてきます

そして無限の可能性を持っています

ですが、時に、特に子どもの頃は周りの大人の影響を大きく受けていきます

だけど、よくよく回想を繰り返し、ゆっくりとじっくりと自分に向き合っていくことで、辿り着く点が必ず見つかります✨
その影響がたった一度だけだったかもしれませんし、もしかしたら間違って思い込んでいたのかもしれません

本当は、どこかで誰かに(親であったり、学校の先生であったり、周りの大人の人であったり、友達であったり)、

根拠なく愛情や勇気をもらっていることがあったことを思い出すかもしれません

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

その点まで辿り着くことが出来れば、あとはそれを素直に認め、許し、感謝する

自分で、自分の過去から気づいた今日までを認めて、許して、感謝する

そうすることが出来れば、過去もこれまでの捉え方も、輝く原石に変わります✨

過去やこれまでの捉え方を、どんなものにするかは、自分で決めていくことが出来るんです✨
ですから、

目の前に何か問題や課題が起こった時には、それ自体がメッセージを発してくれていると考えます。

何のためにメッセージを送られているのか、それはもちろん自分自身が成長していくことが出来るから!乗り越えられるから!

なんだと思います。

自分の人生の主人公は自分

人生の舵取りは主体的に自分でできる

気づいた時がその時で、いつからでも遅いということはないということ、

きっとなんだかワクワクしてきます(*^^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中