未分類

表情による印象

人の育ちと心の声に寄り添う勇気づけリーダー大西りつ子です(*^^*)

『自分の顔は自分では鏡を通してしか観ることが出来ない』

数年前にある方が言っておられて

心に残った言葉です

確かに!と共感したことをよく覚えています

人に会って

「どうしたの?しんどそうだね」

と言われるか

「今日も元気そうだね、たのしそうだね、イキイキしてるね」

と言われるか

どちらかといえば、私は後者である方が嬉しいです(*^^*)

多くの方がそうだとも思います

自分の無意識のうちにしている表情が

自分では観ることが出来ない分

人に与える印象が、

『元気そう、たのしそう、イキイキしている』

であることの方がいいよなぁ〜(*^^*)と、よく思います

この『表情が人に与える印象を左右する』ことを強く感じた出逢いがありました

☆   

昨年、30名ほどが集まったある講座を受講した際のことです

6名ほどのグループごとに机と椅子が準備されており、そのうちの一つが空いていたので

「ここ、いいですか?」と隣に座っておられた女性に声をかけました

その方はとても素敵な笑顔の表情で

「どうぞ^ ^」

と言ってくださいました

その方は、会話の最中終始素敵な優しい表情をされていて

私はずっと魅了されていました(*^^*)

また、別のグループワークで座席を移動した際に、もうおひとかた、素敵な表情でおられる女性がおられました

私はその方にも魅了されていました(*^^*)

おふた方とも、発する言葉も目の前の人に与える表情も、とても丁寧で品格があり

印象的なお姿でした

このおふた方に出逢い、私が感じたこと、

それは

私もそう在りたい✨

という想いでした

その数ヶ月後、自分の内面も人に与える印象も、少しでも彼女達のように近づきたい!という想いから

ある個別レッスンを受け始めました

そのレッスンの初日に

自分が話している姿を動画で見る機会がありました

そこに映る自分を観て、愕然としました(≧∇≦)

自分では良い表情をしているつもりでいた表情が、

改めて観ると、乏しい表情だったんです(≧∇≦)

それ以来、実は、鏡をみるたびに

口角が上がって、より良い印象のある表情の練習をし始めました(*^^*)

当時勤務していた看護の現場でも、意識的に表情を作るようにしました

(仕事柄、笑顔ばかりではなかったですが、患者様と接する時、スタッフと接する時、より好印象であるように意識しました)

すると、これまでよりも、

心なしか穏やかな気持ちで従事できている自分がいました

その後、職場を変えて、学校現場に入ってからも

保健室に訪れる子どもたちと接する時、職員室で先生方と接する時も

より良い表情を意識していました

その継続の結果、とっても嬉しいことがありました

10月まで勤務していた学校で

ある児童が体育の授業が始まってすぐに、転倒してしまい怪我をして保健室に訪れました

その児童の手当てをして、また授業に戻るように対応しました

任用期間を終えた日にいただいた子どもたちの寄せ書きの中に

「先生短い間でしたが、保健室ではありがとうございました。

私が体育で怪我をしたとき、

始まってすぐにこけてしまって、とっても悔しくて、不安で、悲しかったけど

先生が笑顔で手当てをしてくれて、大丈夫と言ってくれたので

また体育を頑張ろうと思えました。

ありがとうございました(*^^*)」

という、暖かい文章がありました

その児童の書いた文章を読んで、

「あ〜〜(*^^*)自分の表情一つでも、元気になってくれた子どもがいるんだなぁ(*^^*)」

と、

自分が意識的に継続してきたことの結果で、こんな素敵な言葉のプレゼントをもらい、

私の方が勇気づけられました✨

『表情が人に与える印象を左右する』ことを

私に気づかせてもらえた、あの日の出逢いに

感謝しています

と同時に、

これからも意識して継続していきたいなぁと思っています(*^^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中