人と組織に役立つシステム思考

滋賀からアドラー心理学を基にしたコミュニケーションをお届けしています
人の育ちと心の声に寄り添う勇気づけリーダー大西りつ子です(*^^*)

問題や課題を
原因追求による

人や組織の思考、構造を責める方向ではない
現在の全体像を俯瞰して見抜く
より、建設的な問題解決の

方向に向かう
そんなツール

『システム思考』について

少し前から本で読んでいました(*^^*)

⬇︎    ⬇︎

「システム思考」教本⬅︎こちらをご覧ください✨

アドラー心理学のELM講座の中でも

第1章に さまざまな見方、考え方の存在を意識する

項目がありますが、

人は誰もが自分の持つ前提でものごとを意味付け、解釈し、行動にうつします。

それぞれが、

自分の持つ前提、固定したものごとの見方、価値観を疑うことなく用いています。

対人関係では特に、

この前提や見方、価値観を

一致させようと意識が働くことで、

相手の抵抗や、お互いの違和感がうまれます。

そんなアドラー心理学の要素も絡めつつ…

今回は、

じゃあ、その認知の違いに気づけていなくても

気づきたいと感じることがなくても

対人関係でモヤモヤすることがなくても

どこかのポイントで、

潜在的にある問題や課題を解決していけるような、

人が抵抗なく、建設的に生きやすくいられるような

対話やコミュニケーションにつながる

方向性を示す方法があるんじゃないかという想いから

ずっと大阪での受講を待ち望んでいた

講座を受けて体感してきました(*^^*)

最適なレバレッジポイントを

提供するために

メンタルモデルまで踏み込んだ質問が出来ず

誰もが抵抗なく受け入れることが出来るように

ファシリテート出来るには

私の感性右脳重視の頭が

パンクしそうでしたが、

まだまだ知りたい!という

想いは強いです(*^^*)

人が社会で生きやすく、

『生きる力』を強くする

ツールの一つとして
学んでいく余地はありますね(*^^*)

実際に学校で取り入れている方ともコンタクトを取る機会も頂けそうなので

自分の数少ない

『論理的思考』の引き出しを

増やして行けたらなぁと

思っています✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中