未分類

《勇気づけ》でエネルギーを充電する

今日ふと思い出した

長男が保育園年中さんの頃のこと(*^^*)
保育園の支度をする時、

洋服は私が準備していました。

なぜかは忘れましたが、靴下だけは自分で準備して履いていた長男。

ふと見ると、

彼は左右の靴下を同じキャラクター商品の、柄違いのものを履いていました(*^^*)

自分で準備して自分で選んで履いていたので、私は特に気にせず

毎日そのまま柄違いで履くことも彼に任せていました。

「あらー(*^^*)りょうちゃんかっこいいね〜(*^^*)」

「おしゃれだね〜(*^^*)」

「自分で選んでるんだね〜(*^^*)」

と、保育士さんに言われて

ますます嬉しくなったようで、

毎日楽しそうに靴下を選ぶ彼を見て、私もワクワクして朝の準備をしていたものです。

日課のように柄違い靴下が、トレードマークになっていました。

それが、

ある日突然ピタリと柄違いの靴下を履くのをやめたので、

「今日は靴下一緒やね(*^^*)」

と私が聞くと、

「先生にあかんって言われた…(._.)」

と寂しそうに言っていました。

年配の保育士さんに、注意を受けたようでした^_^;

「そっかぁ、それで〇〇はどうしたいの?」

と聞くと

「もう、違うの履いて行かへん(._.)」

と、一ヶ月ほど続いた彼の楽しい靴下おしゃれは終わりを告げました。

その後しばらくして、次は

冬場近くまで、半袖で登園することがトレードマークの

『半袖王子』という名を付けられる彼でした^_^;

なんだかんだと、楽しみを見つけながら、元気に通ってくれた保育園生活でした(*^^*)

このエピソードとは、あまり関係ないかもしれませんが、

元保育士の私の心友が

保育士時代の話をよくしてくれていました。

「元気に保育園に来てくれること自体がめちゃくちゃ嬉しいから、いつも

『〇〇ちゃん今日も来てくれて嬉しいよーー(*^^*)』

ってハグしてたぁ」

と、

登園してお母さんに行ってらっしゃいをする子どもたちや、お母さんが

あったかくなるお出迎えをしていたと(*^^*)。

楽しい気持ちで保育園での1日が始まるよう

毎日楽しく過ごせるようにと

子どもの目線で対応できる彼女は、

子どもたちからも、お家の方からも多くの信頼を寄せられていました(*^^*)

今、学校の中に居てよく思います。

もちろん、我が子2人を見ていても感じます。

毎日、重たい荷物を持って

長い距離を歩いて(自転車こいで)

たくさん頑張っているなぁって。

お友達や先生たちとの関わり合いも、いろんな形で

一生懸命パワー全開で過ごしています。

たくさん頑張って、気を張って過ごすのは、

大人も子どもも同じこと。

だからこそ、

お家は心のエネルギーを充電する

安心基地と思っています(*^^*)

特に子どもにとって、お母さんの愛は大きなエネルギー。

お母さんたちの無償の愛情が

子どもたちのエネルギーとなるためには、

お母さん自身も、自分へのエネルギーをたっぷり注ぐ必要があります(*^^*)

そんな1つのきっかけが

アドラー心理学の《勇気づけ》(*^^*)

私にとっては、大きなきっかけとなった

《勇気づけ》

きっと、たくさんの

お母さんたちのエネルギーが溢れてくると感じています(*^^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中