子育て、教育支援

子どもが自分の無限の可能性に気付くベースをつくること

滋賀からアドラー心理学を基にしたコミュニケーションをお届けしています

自分を勇気づけ子どももお母さんも笑顔になれる

アドラー心理学勇気づけリーダーりつこです(*^^*)

自分がもともと持っている強みや可能性には

自分だけでは

気づきにくいものだと思います

きっと、

気付けるような環境に出逢いにくかったり

気付けるような思考を教わることが少なかったり

気づかせてもらえる人に出逢うことがなかったり

気付けるような環境、思考、人に出逢っていたとしても

受け取るか受け取らないかは

自分で決定する✨

『重要なことは人が何をもって生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである』

       アルフレッド・アドラー

***
子どもたちがなるべく早い発達段階で

自分の持つ強みや可能性、能力、得意とすることに、

気付けるような

受け取れるような

相手に対する思いやり溢れる

パフォーマンスを

子どもたちに関わる私たち大人が

意識して行うことも

必要だと思います(*^^*)

子どもがもつ、一人一人違う

可能性や能力を

最大限に発揮出来るように

言葉と態度で

パフォーマンスする✨

そのパフォーマンスにも方法としてはいくつもあると思います。

『リフレーミング』で

子どもに伝わる意味づけを

意識していくことは

ひとつのパフォーマンスだと

思います(*^^*)

『短所と思われることを長所に置き換えてみる』

『出来ないこと、苦手なことよりも、出来ていること、成長の過程、良くなろうとする姿、得意なことに意識して注目する』

逆に言うと

どうせ無理…

自分なんて…

と思わせてしまう言葉や態度は

思いやり溢れるものとは思いません(≧∇≦)

どんどん子どもが、自分の持つ強みや可能性を引っ込めてしまい

萎縮してしまうと思います(≧∇≦)

《私たち大人が

思いやり溢れるパフォーマンスで関わることで

子どもたちが何を学ぶのか》

《大人が〇〇することで

子どもは何を学ぶのか》
子どもたちが

自分の持つ無限の可能性に気付くための

環境をつくり

思考や捉え方を伝え(意味づけをする)

る人になってみる(*^^*)

その先に

子どもの溢れんばかりの

笑顔と自信が

もたらされたなら
それは私にとっては

この上ない嬉しさに

なります(*^^*)

もちろん

子どもだけではなく、

私たちもパフォーマンスが提供出来るような

自分のメンテナンスは

まず必要ですね✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中