子育て、教育支援

自分が見たい世界観をプラスにする

映画であっても本であっても
人との関係性であっても
自分が受け取りたいように

受け取る
『人はみな、自分が見たいように世界をみている』

         アルフレッド・アドラー
自分が認知した世界で生きている

私たちは

自分が作ったフレーム(考え方、捉え方、思い込み、前提)の中で

生きています
ということは、
自分がこれまでとは別のフレームで

モノゴトをみることで

また違った一面を

知ることが出来るんですね(*^^*)
「これはこういうもの!!」

「あなたはこういう人!!」

「世の中ってこういうもの!!」

という自分のフレーム(考え方、捉え方、思い込み、前提)を
「ほんとうにそうかな?」

と疑ってみること

また、

『自分が見たいように、いかようにも見ることができる✨』

と置き換えれば

「こういうものだ!こういう人だ!」

と、もしもマイナスに捉えていたとしても

「もしかすると、こういう一面もあるかも…(*^^*)」

と、プラスに捉えられるということは
一回きりの人生で
また違う世界を見ることができる、

また違う世界を感じることができる、

なんて

嬉しいなぁと感じました(*^^*)

***

  
なのであれば、

自分が嬉しい、ワクワクする、穏やかである

感情でいられるような

世界をみていたいと思います(*^^*)✨
自分の内面に目を向けることで、

人間関係も変化し始めますね✨
そして、

そんな大人の姿を見ている子どもたちにも

自ら選び取る、舵をとることの

愉しさを味わってもらいたいなぁと思います(*^^*)✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中