子育て、教育支援

【子どもの『困った行動』を激変させる からだとこころのアプローチ体験会】

【お知らせとお詫びです】

 

6/9(土)大阪開催しますとお伝えしておりました、

【子どもの『困った行動』を激変させる

からだとこころのアプローチ体験会】ですが、

場所の関係上、大変申し訳ありませんが日程を変更させていただきます。

あらかじめ予定してくださっていた方、大変申し訳ございません。

開催日程 6/16(土)に変更させていただきます。

内容としては、

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもが

『困った行動』を起こさなくても済むような土台をつくる

タッチの効果についてお伝えし、

実際に簡単なタッチの手技を覚えていただく形にする予定です^^

少人数で開催しますので、
ちょっとしたお悩みのご相談にも対応させていただけます。

募集開始は5/14(月)20時半配信のメルマガからさせていただきます。

 

メルマガへのご登録をお待ちしていますね。

昨年の春に

自閉症タッチセラピーを受講しました。

 

 

タッチの効果は、看護師として医療現場で大いに実感していましたが、

 

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもたちの支援の現場に携わるようになった折りに

必要性を感じて受講しました。

 

 

脳の神経伝達がうまく機能しないために

『困った行動』をしているように映る子どもたちの行動。

 

 

実際に子どもたちに触れあうにつれ、

困っているのは子ども自身であることが痛いほど理解でき、

『困った行動』を起こさずに済むような関わりを心がけていました。

 

 

そしたらね、

子どもたちはみるみる変わっていくんですよね。

 

 

わがままに見える、

自分勝手に見える、

人の気持ちを分かろうとしないように見える、

そんな子どもたちの行動は、

生まれ持った脳の神経伝達物質の、バランスがとれないでいるからなんですよね。

 

 

言葉だけでは混乱してしまうこと、

目に飛び込んで来るたくさんの情報に混乱してしまうこと、

感覚の易刺激性に不安や混乱が生じること、

 

わたしたちがあたりまえに思いすぎている一つ一つの行動に、

混乱や不安でいっぱいになっているんですね。

 

 

そんな子どもたちへの、身体を通した脳への働きかけが『タッチセラピー』なのです。

 

 

もちろん、それだけで子どもの行動が一気に変化するものではありませんが、

行動の観察、分析をしていくことや対応を変えてみることとの相乗効果は大きなものです。

 

 

なぜなら・・・

 

子どもにとってお母さんと触れあうことの意義は深く、

『愛と絆のホルモン オキシトシン』が、

 

タッチをされている子どもだけではなくて、施しているお母さんにも

バンバン分泌されているんです。

 

オキシトシンの分泌が多くなるということは、

親子の絆を深め、

お互いのストレスホルモンの分泌を減らし、

リラックス効果を高め、

脳の疲れをとり、

催眠効果をもたらします。

 

お互いに気持ちが安定し、穏やかになるのですね。

 

 

目の前で見せてくる子どもの『困った行動』・・・

 

不安や混乱から起こる、パニックやかんしゃくも、

コントロールが難しい衝動性や、こだわりも、

 

『露出した脳』『第3の脳』といわれる皮膚からの心地よい『タッチ』によって、

安心感を育てて、軽減していく効果があります。

 

 

6/16(土)大阪での開催になります、

【子どもの『困った行動』を激変させる

からだとこころのアプローチ体験会】。

気になる方は、まずはメルマガへのご登録をお待ちしていますね。

↓ ↓ ↓

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

 

​▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓