不器用さと困った行動

自閉症スペクトラム、ADHDの特性をもつ子どもさんの中には
『不器用さ』が目立つことが多くあります
『不器用さ』といっても多種多様。
子どもさんによっても
状況によっても
それぞれです。
『不器用さ』が日常生活を送る中で
影響を与えていることは結構あって
例えば
チューリップ紫からだのバランスがうまくとれない
チューリップ紫歩き方がぎこちない
チューリップ紫物をよく壊す
チューリップ紫ボール運動が苦手
チューリップ紫鉛筆を持って書くことが難しい
チューリップ紫手先を使う手作業が難しい
チューリップ紫求められる動作をすることが苦手
チューリップ紫動作をするのに時間がかかる
チューリップ紫ゆっくりした動きが苦手
チューリップ紫片手づつで違う動作をすることが難しい
このような苦手さがあると
特に『同じであること』を求められがちな
集団生活の中での活動を行う場面場面
なんでできないのかなショボーン
どうしてもうまくできないチュー
なんでみんなと同じようにできないのかなえーん
そんな、ある意味
〈劣等感〉〈疎外感〉〈自己否定感〉
のようなダメージを、ジワジワと感じている
ということもあるんです
{FB6D35AA-54D5-4D60-94FF-5554C86115AB}
手先の不器用さは、
日常生活の必要な動作を通して
比較的見えやすいですよね。
ボタンをかける動作とか
細かいものをつまむとか
お箸や鉛筆を持つとか。
その不器用さは
身体全体を動かす動作や運動で
動作の開始や続けること、別の動作に切り替えることにまでも
繋がっていることもあるんですね。
そして
考えること、知覚すること、感情コントロールにもつながっている。
実は
なにげない動きひとつにも
さまざまな骨や筋肉などの筋骨格系の組織だけでなく
《感覚》が影響しているんですね。
{5D131F5B-9EAA-4B55-8581-E08FD0E5896E}
これまでに
発達支援の現場や学校保健室で、
子どもさんひとりひとりの
動作をじーっくりと観察しているとみえてきた子どもの様子がありました。
ひとつふたつこちらで挙げますと、
鉛筆の筆圧がめちゃくちゃ強くて、たくさん書くことに疲れてしまい続けることを嫌がる子
定規を押さえながらプリントや筆記に気を配り、線を引くことがスムーズにいかず、「もうやーーめた!」ってなる子
まだまだメルマガでは事例として挙げました。

反抗的な態度

とことんふざける

参加しない

その背後には

子どもにとってのどんな理由があるのでしょうか?

そして、根本的な子どものつまづきとなる要因を解決していくために、

出来る事って一体何でしょうか?

詳しくはメルマガで書いていますので、ご覧くださいね。

 

◆お母さんの個別相談

◆プロフィール

 

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▼メルマガのご登録はこちらです▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓