自閉症スペクトラム、ADHD子育て

不器用さの背景にある『感覚』って?

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの中には、
不器用さが、目立ちはしないけど
実は密かに持っていて、
日常生活を送る上で、何らかのつまづきを感じている事があります。
◎からだのバランスがうまくとれない
◎歩き方がぎこちない
◎物をよく壊してしまう
◎ボールを使った運動が苦手
◎鉛筆を持って書くことに苦手さがある
◎手先を使う動作がしにくい
◎求められている動作をすることが苦手、混乱する
◎動作をするのがゆっくりで、時間がかかる
◎片手ずつで違う動作をすることが難しい
などがあります。
不器用なんだ・・・という部分で終わってしまうと
「まじめにとりくんでいない」
「ちゃんと見ていない」
「やる気がない」
「練習が足りない」
「ふざけている」
という風に見えてしまう事ありませんか?
不器用さを密かに抱えている子どもたちの中には、
『なんでかな
『どうすればいいのかな
『どうしてもうまくいかないな
そんな気持ちを抱えながらも
周りの友達はみんな出来るのに
出来ない自分はおかしいのかな?
でもどうしたらできるんだろ・・・
と感じていることも多いんですね。
幼児期後半や、学童期になると、
家庭という環境から、
集団生活の環境に入り、
周りと自分を比較する機会が増えていくんですよね。
そっと心に蓋をして
どうせできないんだ・・・
って気持ちになって
だったら、やらない方法をあえて選んでいく子どもたちも少なくないのです。
例えば、
反抗的な態度をとることを選ぶ
とことんふざけることを選ぶ
参加しないことを選ぶ
とか。
その子の置かれる環境とか、状況によっても
選ぶ方法は違うでしょう。
{C84CDD29-BF74-4C30-BEAB-93D5C04C8BDE}
不器用さの背景にある要因に
『感覚』の関わりがあります。
『感覚』というと、
真っ先に思い浮かぶのは
視覚、聴覚などの五感ではないですか?
子どもたちの不器用さの背景には、
運動したり、姿勢を維持したりする時に働く『感覚』
が関わってきます。
{A2CC7A0C-491A-48F0-A6C5-70337F93E42A}
どんな『感覚』が関係しているのかというと、
  前庭感覚
 からだの移動
頭の位置の変化を感じ、目、頭、からだの動きを、自動的にうまく協力させる働きがあります。
バランスをとったり、
筋肉を張り続けたり、
思うように動かしたりしています。
 固有感覚
 からだの位置を知らせる働きがあります。
手足をいちいち見なくても、スムーズに動かしたり、バランスをとったりします。
どのくらいの位置に、どのくらいのものがあるかを認識したり、
自分のからだのイメージができるという働きがあります。
触覚
皮膚の表面に感覚を受け取る受容器があり、そこを通して、圧、振動、温度、痛みなどを感じ取る働きがあります。
気温や湿度、からだに触れていることが分かる、からだのイメージをかたどる、自分の姿勢やうごきが分かる、ものの認識をする、情緒の安定と発達を促すという働きがあります。
 視覚、聴覚は、
注意を集中していくという働きもあります。
{7B38F388-FA30-4EFD-AFF8-E8C5C2054A0C}
これらの『感覚』の感受性が
鈍かったり、過敏だったりするんですよね。
こんなことってないですか?
◎ずっと回転していても目が回らない
◎何時間でもトランポリンを跳んでいられる
◎からだの傾きや、足が地面から離れることに不安が強い
◎からだの位置関係がわかっていないからちぐはぐな動きをする
◎からだを動かすときのイメージがつかない
◎動かすことに集中すると時間がかかる
◎見ることと、手先を動かすことをうまく協応させられない
◎左右非対称な動きが出来ない
◎特定の感触を嫌がる
◎痛みに極端に反応したり、逆に痛がらない
◎触れられたからだの部分が分からない
こんな『感覚』の受け取り具合の特徴があって、
不器用さにつながり
 子どもたちの日常生活を送る上での、つまづきの要因にもなるのです。
 あたりまえのように感じる
運動したり、姿勢を維持したりすることにも
とってもたくさんのエネルギーが必要な子どもたち。
 もしも子どもたちが、
反抗的な態度をとる
とことんふざける
参加しようとしない
そんな姿を見せていることがあるとしたら、
見えていない不器用さを抱えているかもしれませんね。
反抗的な態度
とことんふざける
参加しない
その背後には
『不器用さ』につながる『感覚』の関わりが
あるのかもしれない…
それが理解できた後、じゃあ子どもたちのために何が出来るだろうって
思いませんか?
出来る事って実は日常の生活の中で
たくさんあるのです。
そのあたりをメルマガで書いていきますね。

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓