自閉症スペクトラム、ADHD子育て

苦手なことを克服する、というよりも大事なこと

お母さんの苦手なことって何ですか?

どんなに頑張ってもできないことってありますか?

苦手なこと、できないこと

人それぞれ、色々ありますよね。

大人だけじゃなくて、

子どもも同じ。

誰にだってあります。

ただ、程度や種類が

人によって違うだけ。

苦手なことがある。

できないことがある。

これって

ちっともマイナスなんかじゃないですよ。

恥ずかしい事なんかじゃないですよ。

それを

得意なだれか、

うまくできるだれか、

その誰かと比べちゃってはいませんか?

苦手を頑張って克服しなきゃ、

できないことを出来るようにしなきゃ、

そうじゃないと

自分には価値がないって思い込んではいませんか?

自分が認められないって思ってしまってないですか?

苦手なこと、

できないこと、

これが

マイナスなんだ

欠けているんだ

だから何とかして、

何かで埋めなきゃいけない

もっと頑張らなきゃいけない

そう感じてしまうんですよね。

苦手なこと、

得意なこと、

できること、

できないこと、

これ、

ぜーんぶを引っくるめて自分自身です。

苦手なこと、

得意なこと、

できること、

できないこと、

ぜんぶ含めて

とっても素晴らしい存在です。

何度でも言いますね。

苦手なことと得意なこと

できないこととできること

これは

人それぞれ程度や種類に違いはあるけど

誰もがみんなあるんです。

大人もそう。

子どもたちもそう。

どんな自分でも、

ものすごく価値のある存在です。

まずはお母さんが、お母さん自身に

そう言ってあげてくださいね。

自分が一番の

自分の味方になるって決めるんです。

誰が何と言おうと、

私は素晴らしい存在!

思いっきり

言い切ってください。

そしたら、

おのずと、

周りの人も

輝いて見えます。

誰かがちょっとくらいミスしても、

目の前でギャーギャー言い出す子どもを見ても、

ご主人が理解してくれなくても、

いちいち心が揺さぶられることがなくなって、

なんでこんなに大変な思いをさせられるのよ〜ってならずに、

淡々と、ただ目の前の事実に対して、

「そっかぁ、じゃあどうすればいいかな」

と、

前を向いて、次の一手を見つけようとする自分に出会えます^ ^

子どもにも、

誰かと比べて

頑張らなきゃ〜っ

って頑張らせるよりも

苦手なこと

できないことを

わざわざ取り上げて

敢えてフォーカスするよりも

人が気づかないことまで気づくこととか

誰も考えつかないことを考えることとか

みんなが見えてない部分を見ていることとか

そんな

何も考えずにあたりまえにできていること

自分にしかできないこと

こっちを

わざわざ取り上げてフォーカスするのです。

苦手なことがあって

できないことがあったとしたら

「苦手なんです」

「できないんです」

そうやって

SOSを出せることを身につけるほうが、

よっぽど!

自分の丸ごとぜんぶにOK出して

自分を肯定的に認めているって思うんです。

苦手なこと

できないこと

これってちっともダメなことじゃないんです。

子育てが苦しく感じる時って

これまでずーっと、

あたりまえだと思ってきた

常識だと考えてきた

いろんながんじがらめになっていたものを

疑ってみる時なんですね。

子育てが苦しくなくなる

子育てってこんなにも楽しいんだ

ってね

感じられるための

ヒントになるかもしれませんね^ ^

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓