自閉症スペクトラム、ADHD子育て

柔軟性と、視点を変えてみることと、これで大丈夫という自信

開催予定のお知らせがあります。

 

 

【子どもの『困った行動』を激変させる
からだとこころのアプローチ体験会】

6/16(土)に開催いたします。

 

 

内容は、

 

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもが

『困った行動』を起こさなくても済むような土台をつくる

タッチの効果についてお伝えし、

 

 

実際に簡単なタッチの手技を覚えていただく形です。

 

 

 

開催日程 6/16(土)

開催時間 11時から3時間程度

開催場所 大阪心斎橋 CAFE英國屋さんの個室

募集人数 6名様

 

 

老舗である英國屋さんのヨーロッパ調の落ち着いたインテリア空間で、

美味しいコーヒーやケーキをいただきながら

 

 

子育てのこと、子どもさんのこと
ゆっくりお話ししませんか?

 

 

 

今回は、

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの

『困った行動』を減らすためのアプローチとして、

 

 

『タッチセラピー』について
共有させていただく時間にしたいと思っています。

 

 

短い時間ですが、少人数ならではの
ゆったりと子育てについての想いもお聞かせいただく 時間にしたいと思っています。

 

 

募集開始は本日20時半配信のメルマガからさせていただきます。

 

 

 

****************

 

 

子育ては、

お母さん一人で頑張ってすることじゃないです。

 

 

 

特に、自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの子育ては、

周りのサポートが必要です。

 

 

 

頑張って、何とかなるなんてことじゃないんですよね。

 

 

 

柔軟性と、視点を変えてみることと、これで大丈夫という自信が必要になってきます。

 

 

 

でもそれは、

 

自分一人では無理なことだってありますよね。

 

 

 

病院や発達支援センター、療育施設と

子どもをサポートしてくれる公的機関はありますよ。

 

 

でも、

そもそも病院は役割が違います。

病院の役割は、診断と投薬ですから。

 

 

 

子育ては教育の一環なんですよね。

医療で解決できる事ではないんですよね。

 

 

 

 

発達支援センターや、療育施設、

月に一回数時間だけのサポートで

お母さんと子どもさんの困りごとって解決しますか?

 

 

 

 

毎日繰り返す日常の中で起こる困りごとに

すぐに対応してくれますか?

 

 

 

お母さんが、自分自身で

今できることは何か、

何をどうすればいいか、

判断できて、解決していけるほうが嬉しくないですか?

 

 

 

この先子どもの年齢が上がるたびに

また違った困りごとがあったとしても、

 

大丈夫、

乗り越えていけるって

思える軸があったらいいなと思いませんか?

 

 

 

 

もしも

一瞬でもそう思われたのだとしたら、

 

私に会いに来てください。

 

 

 

私は、

子どもの自己肯定感を育みながら

子どもの『困った行動』を減らす専門家です。

 

 

 

どうしたらお母さんが子育て楽しめるかな?

どうしたら子どもの困った行動が減るかな?

 

ずーっとそのことばっかり考えています^^

 

 

子どもはどんどん成長していきます。

一日一日の関わりの積み上がりで成長していきます。

 

 

お一人で悩み続けるよりも

ご相談くださいね。

 

 

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓