自閉症スペクトラム、ADHD子育て

困った行動が減っていくとは、こういうプロセスがあります。

お母さんにとって、

子どもが目の前でしている行動が、

理解出来ずに悩んだり、

どう関わっていけばいいのか分からなかったり、

イライラして怒ってしまうことが多かったり、

今、もしも

何をすればいいのか

どうしてあげるとこの子にとっては最善なのか

分からずに悶々と毎日を過ごしておられるのだとしたら、

少しイメージしてみてほしい事があります。

今の状況がこの先もずっと続いていくとしたら?

それとも

今から何をどうすればいいのかが分かり、お母さんも子どもも笑顔で過ごしているとしたら?

その、今抱えている悩みは、このままずっと持ち続けますか?

image-17

自閉症スペクトラム、ADHDの特性が理由になって、

子どもの行動が

『困った行動』として映ることがどうしても多くなります。

かんしゃくが激しい

暴言、反抗的な態度、口答え

言うことを聞いていない、何度も同じことを言わないとしない、言ってもできない

落ち着きがない

そんな『困った行動』として映る子どもの行動が、

減っていくなら

お母さんはムダに起こり続ける必要はなくなりますよね。

その行動を変えていくことができたら、

もっと穏やかに、楽に子育てができるんじゃないかって。

子どもの『困った行動』を減らしたいと思ったら、

子どもの行動を変化させたいと思ったら、

なぜ子どもがその行動をするのか?

その行動に至る背景には何があるのか?

そこが見えると一歩結果につながります。

次は

その行動に対する、効果的な関わり方や対応が必要になりますね。

それが、

『困った行動』を起こさなくても済むような環境調整であったり、

『困った行動』を起こすに至らなくてもよくなる、子どもに理解しやすい工夫をすることです、

何をすればいいのかわからないから

ついつい怒ってしまうだけ。

お母さんが何をすればいいのかの手立てがわかると、

子どもにとっても特性を持ったままで過ごしやすい環境が整ってくるので、

『困った行動』が減っていく、

だから、

ムダに怒り続けなくてもよくなる、

というカラクリです^ – ^

じつは、ちょっとした歩み寄り、理解したいという想い、

それが、

穏やかな毎日につながり、

子どもの自己肯定感が高まっていくことにつながるのですね。

お母さんの個別相談

◆プロフィール

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▼メルマガのご登録はこちらです▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓