自閉症スペクトラム、ADHD子育て

どんなとき、どんなことが悩みになりますか?

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの子育てで

お母さんの悩みやストレスになることが多いのが

⚫︎子どものかんしゃくなど行動に関すること

⚫︎言うことをあまり聞かない、聞いていない、不注意性や衝動性に関すること

⚫︎子どもの言葉の問題、コミュニケーションに関すること

今モヤモヤとして、悩んでおられることは何がありますか?

 

 

どんなとき、どんなシチュエーションで

悩みやストレスを感じていますか?

 

 

 

何がどうなったらいいのかが

自分自身でもはっきりとわからない状態が

続いているということなんですね。

 

 

 

はっきりとしたゴールが見えると、

そのゴールに向かってできることはいくらでもありますが、

 

その前には

 

今、

どんなことに悩みストレスだと感じているのか、

 

 

どんなときに、どんなシチュエーションで

悩みやストレスを感じるのか、

 

 

現在地を確認する必要があります。

 

 

 

お仕事や家事に忙しい毎日、

子どもに振り回される日々、

そんな毎日をこなすことで精一杯になってしまうものです。

 

 

お母さんって

いっぱいやることがありますもんね。

 

 

自分自身にじっくりと向き合う時間って

ありません〜〜というお母さんは多いと思います。

 

 

でも、

子育てをしているからといって

自分自身をじっくりゆっくり見つめて

向き合うことができないなんてこと

悲しくないですか?

 

 

 

まずはお母さん、

子どものために…の前に、お母さんがお母さん自身のために

自分に余裕や余白を作ること

考えていってもいいと思うんです。

 

 

 

これから先も、

何に悩んでいて、何がストレスになっているのか

わからなくなるぐらい

 

 

まだまだ子どものために…と

自分自身に向き合う時間を犠牲にしますか?

 

 

 

子育てというのは

苦しんでするものでも、

頑張ってするものでもないと思っています。

 

 

 

誰も好き好んで

苦しんだり頑張ったりしているのではないことは

もちろんです。

 

 

だけど、

もし今、

子育てが楽しめない、子どもとの時間が憂鬱だと感じておられるのだとしたら、

 

 

まずは

苦しまなくていい

頑張らなくていい

って、

自分に言ってあげることも必要かもしれませんね。

 

 

 

なぜ悩んでいるのか、

なぜストレスだと感じているのか、

子どもの行動に対してどんな感情が湧いてくるのか、

子どもの今の姿を見てどんな気持ちになっているのか、

 

 

お母さんの現時点での現在地はどこにありますか?

 

 

 

現在地がわかると

あとはゴールを決めて

進んでいくことは可能ですね。

 

 

世の中にカウンセラーはたくさんおられると思います。

ですが、自閉症スペクトラム、ADHDの子育てについて、

お母さんと二人三脚で歩んでいくカウンセラーって少ないんですよね。

 

発達障がいの知識面だけではなくて、

子どもから見る目線で、お母さんがどうすれば子育てを楽しむことができるかを、

一緒に考えてくれる環境って今までないんです。

 

 

私はお母さんを一人にはしませんよ^ ^

現在地を確認し、ゴールを決めて、一緒に前に向かって進んでみませんか?

 

ちゃんとしなきゃと思わなくても大丈夫

ちゃんとしなきゃと思わなくても

お母さんはお母さんであることを楽しむだけで

子どもにとってよい影響を与えることになりますよ^ ^

 

◆お母さんの個別相談

◆プロフィール

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▼メルマガのご登録はこちらです▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓