自閉症スペクトラム、ADHD子育て

子どもの『困った行動』がちっとも減らない…

子どもの困った行動を見たときに、

どんな風に感じますか?

 

 

 

「なんで!?」ってイライラを感じますか?

 

 

「もういい加減にしてほしい…」って沈んだ気持ちになりますか?

image-1

 

それとも、

「何がこの子にこの行動を起こさせるのかな?」って疑問が湧いてきますか?

 

 

 

毎日の繰り返しだと、

イライラもするし、沈んだ気持ちにもなりますよね。

 

 

実は、

「何がこの子にこの行動を起こさせるのかな?」って視点から子どもを見ると、

不思議とイライラも沈んだ気持ちも小さくなってくるんです。

 

 

でも、その視点から子どもの姿を見ようと思ったら、

子どもの困った行動には、理由があるんだって思える必要がありますよね。

 

 

 

ここが一つの山になっていて、

なかなかそんな風に思えることって簡単じゃないかもしれませんね。

 

 

だけど、

その視点が当たり前になったら、

子どもの行動は必ず変化してくるんです。

 

 

 

なぜなら、

かける言葉や投げかける関わりが

180度変わるからなんですね。

 

 

 

「なんで?!」「いい加減にして!」って感じているとき、

 

どうしても

 

注意してやめさせたくなるし、

指摘して修正させたくなりますよね。

 

 

 

自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの行動は、

注意してやめさせられることでもなければ、

指摘して修正させられることでもないんですよね。

 

 

 

特性はその子の感じる世界、見える世界そのものです。

 

生まれ持ったその子の持つ世界です。

 

やめなさい!と言われてやめられる、 

直しなさい!と言われて直せるようなものではないんですよね。

 

 

 

その特性を持ったままで、

どうすればこの子が過ごしやすいか、

どうすればこの子が理解しやすいか、

それを考えてみて、工夫し始めてみる方が

 

 

お母さんにとっても子どもにとっても、メンタルの不調も招きませんし、

 

おまけに子どもの行動自体に変化があるので、イライラ怒り続けることもいらなくなります。

 

 

 

もしも子ども自身が

 

感じている世界、

見ている世界、

 

それが、周りとうまく調和できなくて困ってしまったときには、

 

 

その事実に対して

不安や心配を抱くことは必要ないんです。

 

 

 

親ができることには、ふたつあると思っています。

 

そのあたりは、メルマガで詳しく書いています。

 

 

子どもの困った行動がちっとも減らない、

 

子どもの困った行動を見てイライラしたり沈んだ気持ちをずっと繰り返している、

 

もしも今、そう悩んでおられるならば、

いつもと違う視点や、いつもと違う考え方を取り入れていくのはいかがでしょうか?

 

image-19

お母さん、

子どもの身となり力となるような

子どもとのかけがえのない時間を

私と一緒に作りませんか?

 

◆お母さんの個別相談

◆プロフィール

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▼メルマガのご登録はこちらです▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓