自閉症スペクトラム、ADHD子育て

いじめられたと感じる子に、どう関わる?

⚫︎子どもの乗り越えようとする力は引き出せる
今日は関わっていた小学校二年生Oくんのエピソードを^ – ^
OくんはADHDの診断と学習の困り感を持っていました
『できないこと』『わからないこと』がある自分へ劣等感を抱えていて
学習に関しては特に、
〈教えてあげている〉という大人の姿勢に強い抵抗感を持っていました
プラス、
子ども同士の関わりでよくある
『どうせ自分はできないんだ』という気持ちから湧いてくる
友達の悪気なく言った一言で深く傷ついてしまい
『いじめらた!』と受け取ってしまうこと…
『いじめらた』と感じたことを親であったり先生であったりに伝えていくことができるならば、
親や先生は、詳細を事実確認した上で対応することができますが、
誰にも伝えることができずにいると、
その子の心の深いところの傷として残ってしまうこともあります
まず第一には、
子どもが自分が感じた気持ちを伝えていけるような
親や先生との信頼関係の土台があることが大切になりますね
ものごとが大きな問題にならないようにするためには、日頃からのこの土台は大切です
話を戻して…
このOくんは
『またいじめらた』と口にすることが目立つ時期がありました。
〈どんな時にそう受け取っているのだろうか?〉
じっくり友達同士のやり取りを観察していたところ
ある友達から
「Oくん、そこ邪魔!どけよ」という言葉をかけられた後に、『いじめられた』と伝えに来たことがありました
子ども同士のやり取りで、
このような場面、ほんとにたくさんありますよね
もちろんその友達の言い方は正しい言い方とは言えません
その場面を見たならば、
「なんだかその言い方は悲しいね。どう言ったらお友達が悲しい気持ちにならないかな?」
「そこどいてくれる?って優しい言葉をかけようね」
と伝えることはできます
見ていなかったとしても、事実関係を確認してから
伝えることはできます
ですが、
大人がその場面を全て把握でき、
その度に
「そこどいてくれる?って優しい言葉をかけようね」
って毎回伝えることは、なかなかに難しい
であれば、、、、
受け取る側の受け取り方を変えてみることも有効なんだと思うんです
Oくんからしたら
強い口調で言われることはとっても怖くて、ツライです
その気持ちにまずは共感することは大前提
その上でこんな言葉をかけてみました。
「〇〇くんの言い方は悲しい気持ちになるね。
〇〇くんはOくんのことがイヤだとか嫌いとか全く思ってないんだよ。
〇〇くんはほんとに優しい子なんだけど、ちょっと言い方が違ったね。
だけど、〇〇くんもきっと上手な言い方できるようになるよ。
〇〇くんはほんとはOくんと一緒に仲良く遊びたいって思ってるんだよ。」
そして機会を見つけて、Oくんのお母さんにも
Oくんにこんな風にお伝えしたとご説明しました
数日後…
同じようなやり取りがあった後
Oくんどうするかなぁ?と見守っていると
Oくんは友達の言い方に、傷つき悲観するような様子はなくなり
むしろ積極的に関わろうとしている姿がありました
そして
ふとした時に、こんな風にお話ししてきてくれました
「〇〇くんと一緒に仲良く遊んでるねん。
〇〇くん優しい子やねん。」
{CB6CDB44-37F4-4278-9079-FFBA44F3729C}
子どもは本来自分で乗り越えようとする力を持っている!
 
大人の『ものごとへの意味づけ』次第で
子どもは乗り越えようとする力を発揮することができる!
そんなことを実感したエピソードでした^ – ^
どうしても、視野が狭くなってしまいがちな子どもたちに対して、
関わる大人がものごとへの意味づけをどう伝えるかで、子どもの受け取り方って変わります。
『いじめられている』という受け取り方に拍車をかけてしまうことよりも、
『いじめられている』と受け取らなくてもよいための言葉がけをしていくことも出来ますね。
そんな言葉がけをしていこうと思ったら、
大人の私たちが、ニュートラルな状態で一人一人の『個』を見つめている必要があるんですね。
ニュートラルな状態とは、
キツイ言い方をしてしまうあの子を、
『あの子はあんな言い方しかできない子』
と見つめるのか、
それとも
『あんな言い方をしてしまう理由は何かな?』
と、
あの子自身ではなく、あの子の周辺で起こっていることを理解するまなざしを持つのか。
子どもの行動には必ず、その行動に至った理由がありますからね^ – ^

 

◆お母さんの個別相談

◆プロフィール

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▼メルマガのご登録はこちらです▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓