自閉症スペクトラム、ADHD子育て

お母さんの役に立ちたい子どもたち

お母さんを悲しませたかもしれない

とか

 

お母さんを悲しませるかもしれない

といった

 

子どもの心の中に

 

お母さんの役に立てる自分でない(かもしれない)

罪悪感を抱く時

 

 

 

子どもがどんな反応をするかご存知でしょうか^ ^

 

その前に…

 

 

そもそも人は、誰かの役に立つために生まれてきました。

 

 

 

一番最初はお母さんの役に立ちたい、そう使命を持って生まれてきました。

 

 

ですので

誰もが、誰かの役に立つ、という使命を果たしている時は、

 

自分らしく自分の人生を過ごせている、充実感があふれます。

 

 

 

 

だからもしも今、

 

 

 

なんだかモヤモヤしたり、なんだかイライラしたり、

 

人生の流れの中で停滞しているような感覚を覚えている時っていうのは、

 

 

 

きっと

『人の役に立つために生まれてきた』

使命を果たしきれていないのかもしれません。

 

 

 

 

『人の役に立つ』

一番簡単に出来ることは

「ありがとう」

と言ってもらえることを

 

 

 

 

恐れや不安からではなく、愛から派生するエネルギーを出してすること。

 

 

 

 

 

 

そして

人に笑顔を与えること

人に感謝を伝えること。

 

 

 

 

 

 

子どもを育てる親として、子どもの幸せな心の成長を願う者として、

 

 

出来ることってなんでしょう…

 

 

 

 

 

 

子どもに対して、

 

「ありがとう」って、たくさん言ってあげられる機会を、敢えて意図して作ること、

 

 

 

 

子どもが誰かに笑顔を与えられるような行動を起こす大切さを教えること、

 

 

 

 

子どもが誰かに感謝を伝えられるように大人が見本を示すこと、

 

 

 

 

私はこう思って日々自分と向き合っています^ ^

 

 

 

 

さて本題に戻ります。

 

 

お母さんを悲しませたかもしれない

とか

 

お母さんを悲しませるかもしれない

といった

 

 

 

子どもの心の中に

お母さんの役に立てる自分でない(かもしれない)

罪悪感を抱く時

 

 

 

 

子どもがどんな反応をすることがあるか…

 

 

 

 

 

 

それは

お母さんの役に立てていない自分を責めて、罪悪感を抱いて、

 

 

 

反対の反応として、怒りとして表す場合があります。

 

 

 

 

 

 

怒りとして表すとは、

 

八つ当たりをしてくる、反抗的な態度をしてくる、などがあります。

 

 

 

 

もしも子どもが、怒りを表す行動を見せた時は、

 

 

 

 

『役に立ちたい想いをうまく表現できなくて、歯がゆさを感じているのかもしれないな』

 

 

 

 

 

と、おっきな愛で見つめてあげることはどうでしょう^ ^

 

 

 

 

 

子どもより少し先に生まれた大人として、

 

 

そんな

『使命を果たしたい』子どもの気持ちに、

 

 

 

 

大人の愛の器で受け止めてあげるってのもよくないですか^ ^

 

 

 

 

 

 

そう聞くと、

少しだけ子どもを見つめる視点が違ってきませんか^ ^

 

 

 

 

 

 

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓