自閉症スペクトラム、ADHD子育て

切り替えができるようになってほしい。

子どもが落ち着いてきた

かんしゃくを起こすことが減ってきた

口ごたえをしなくなった

切り替えができるようになった

 

 

こんな風に、

子どもの困った行動が減って行くのは

ワケがあります。

 

 

子どもの困った行動に振り回されて、

怒るしかない…

と諦めてしまってはいませんか?

 

 

もう、怒り続けなくても大丈夫ですよ。

 

諦めてしまわなくても方法はあります。

 

 

 

子どもが落ち着きがない、

かんしゃくを起こしやすい、

口ごたえをする、

切り替えがなかなかできない、

この理由が分かること、腑に落ちること、

 

そして

それに応じた関わり方を少し角度を変えて取り入れてみると、

 

子どもの困った行動は減っていきます。

 

 

そうなるためには、

もちろん知識も必要です。

 

困った行動を起こす理由を

根本から知るということです。

 

お母さんには、そんな

子どもと過ごす時間が、たのしい、うれしい、しあわせだと感じられることでいっぱいになるためだけの、

情報を手に入れられるんだ〜と、知って欲しいのです。

 

 

膨大な量の情報を、これまで探してこられたのではないですか?

 

その情報を得たけれど、

子どもの様子は変わらない、なんてことはよくあることです。

 

 

なぜこんな事実があるのかというと、

その情報が、

子どもさんにはぴったり合っていないからなんです。

 

 

あくまでも情報は一般論なので、

個別性には対応しにくい情報です。

 

 

一人一人違う、子どもさん、

一人一人の子どもさんによって違う、子どもを取り巻く環境、

お母さんやご家族の状況、

これらの背景が違えば、

一般論では対処しきれないのが現実なんです。

 

 

子どもさんの状況に合わせた

あなたの子どもさんだけの、

困った行動が減るための情報、

困った行動が減るための知識、

困った行動を減らしていく関わり方、

そんな情報を

お母さんが知ることができれば、

怒るしかない…

と、諦めてしまう必要はなくなりますよ^ – ^

たとえば、

 

切り替えがなかなかできない子どもさんへの対応として、

 

『タイマーを使う』

『予告をする』

『あらかじめ伝えておく』

などがあると思います。

 

 

どうでしょうか?

あなたの子どもさんは、

うまく切り替えられますか?

 

 

そもそも、

何のために

タイマーを使うのでしょう?

 

何のために

予告をするといいのでしょう?

 

何のために

あらかじめ伝えておくといいのでしょう?

 

その〈何のために〉の中に、

子どもの困った行動が減る理由があります。

 

 

その理由が分かること、腑に落ちることで、

対応が活かされてきます。

 

 

ですが、

その〈何のために〉は、

 

子どもの姿、

その時、その状況によっても違います。

 

 

子どもさんは

何をしたいと思ったんでしょう。

 

何がきっかけで切り替えできなくなっているんでしょう。

 

どんな結果が得られると思っているんでしょう。

 

その理由が分かること、腑に落ちることで、

一般論ではない、

 

切り替えができるようになっていく、子どもさんにぴったり合った手段や方法は見つかります。

子どもさんの状況に合わせた

あなたの子どもさんだけの、

 

情報、

知識、

関わり方を

 

見つけて、

困った行動を減らしていきませんか?

 

 

怒るしかない…と諦めてしまう状態をなくしていきませんか?

お母さんと一緒に二人三脚で、

進んでいきたいと思っています。

 

子どもが落ち着いてくる

かんしゃくが減る

口ごたえが減る

切り替えができるようになる

 

そんな変化を作り出していきましょう。

一人で悩み続けないでくださいね。

 

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓