自閉症スペクトラム、ADHD子育て

行動の切り替えが定着したエピソード

遊びに夢中になって、まったく言うことを聞かない、

テレビやゲームをなかなかやめない、

次の行動をなかなか始めようとしない、

 

 

子どもの『困った行動』として、ご相談が多いのが

〈行動の切り替え〉についてです。

 

 

お子さんはいかがですか?

対応にしんどくなってはいませんか?

 

お子さんの行動の切り替えが定着すること、

このもっと深いところに私自身、目的を持って関わってみました。

 

 

もう試行錯誤の繰り返しです^^;

 

 

でも、その目的があるから、何度も何度も繰り返したい^ – ^

 

 

その結果、行動の切り替えが定着したエピソードを、

メルマガでは書いてみたいと思います。

 

 

行動の切り替えが難しいことには、

子どもなりの理由があります。

 

 

物事への時間を忘れるほどの興味関心

こだわりとして現れる

はじめと終わりの理解が苦手

話を集中して聞くことが苦手

切り替えにくい環境がある

目に見えない状況を推測することが苦手

 

 

まだまだ、

子どもによっては理由はいろいろあります。

 

 

だとしたら

何があれば、どうすれば

子どもは行動を切り替えたくなるのか?

自分から自発的に行動を切り替えようとおもえるのか?

 

 

そこに、

行動の切り替えが定着するヒントが隠れているのかもしれないですね。

 

 

そのヒント、

探してみたくないですか?

 

 

私は、一緒に考えさせてもらえることが、

何よりしあわせです^ – ^

 

 

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓