あなたのお子さんだけの、効果的な対応とは?

切り替えがなかなかできない、

 

いつまでも同じことをすることにこだわって先に進めない、

 

お母さんの声が届かないくらいに集中して没頭している、

 

そんな子どもさんへの対応の仕方を知りたい、

そう仰るお母さんは多いです。

 

 

お母さんは、子どもさんのこのような状況に、困っておられることはありますか?

切り替えが苦手な子どもさん、

 

気持ちや感情をコントロールして、意識を別の方向に向けるのが難しいのかもしれません。

 

「遊んでいたい」衝動を抑えられないのかもしれません。

 

注意し続けることが一部分に集中しているのかもしれません。

 

次にとるべき行動の予測がつかず、不安があるのかもしれません。

 

 

子どもさんの状況によっても、

お母さんとの関係性によっても、

そのあたりはどうなのかは、一概には言えませんよね。

 

 

その原因を紐解いていきたいお母さんには、

継続個別相談をお勧めします。

 

(個別相談はメルマガ読者の方にご案内していますよ^^)

 

 

 

『タイマーを使う』

 

『予告をする』

 

『あらかじめ伝えておく』

 

などの対応はお聴きになったことがあるかと思います。

 

 

どうでしょうか?

 

子どもさんは、

うまく切り替えられますか?

 

その対応をうまく機能させることができますか?

 

 

そもそも、

何のために、なぜ

タイマーを使うのでしょう?

 

何のために、なぜ

予告をするといいのでしょう?

 

何のために、なぜ

あらかじめ伝えておくといいのでしょう?

 

 

その〈何のために〉〈なぜ〉の中に、

子どもの困った行動が減る理由があります。

 

 

あなたの子どもさんにしかない、〈何のため〉〈なぜ〉

 

その理由や目的が分かること、

腑に落ちることで、

 

 

『タイマーを使う』

『予告をする』

『あらかじめ伝えておく』

という対応が活かされてきます。

 

 

ですが、

その〈何のために〉〈なぜ〉は、

 

子どもの姿、

その時、その状況によっても違います。

 

 

子どもさんは

何をしたいと思ったんでしょう。

 

何がきっかけで切り替えできなくなっているんでしょう。

 

どんな結果が得られると思っているんでしょう。

 

 

その理由や目的が分かること、腑に落ちることで、

 

一般論ではない、

切り替えができるようになっていく、子どもさんにぴったり合った手段や方法は見つかります。

 

 

子どもさんの状況に合わせた

あなたの子どもさんだけの、

 

情報、

知識、

関わり方を

見つけて、

 

困った行動を減らしていきませんか?

 

 

怒るしかない…と諦めてしまう状態をなくしていきませんか?

 

私はお母さんと一緒に二人三脚で、

進んでいきますよ。

 

どうか、一人で悩み続けないでくださいね。

 

【子どもの行動が変わり、自己肯定感が育つ!

子育てを楽しむ余裕がどんどん出てくるメールマガジン】

▶︎メルマガのご登録はこちらです◀︎

https://peraichi.com/landing_pages/view/hattatu-213

=============

90分の無料個別相談受け付けております。

※無料個別相談は

小冊子【自閉症スペクトラム、ADHD子育て専門

子どもの『困った行動』がみるみる激変で、怒り続けない子育てのコツ】

をダウンロードされた方、メルマガにご登録いただいた方全員にプレゼントしています!

小冊子のダウンロードはこちらの画像をクリックするとできます。

↓↓↓